自己分析ツアー げんのマンツーマンコーチングについて

こんにちは!げんです!
前職で実績ゼロ・スキルゼロから自己分析を極めただけでリクルートに転職しました。
ここでは、そんな私による自己分析のマンツーマンコーチング「自己分析ツアー」のご案内をさせていただきます。
読むだけでも自己分析について学べますので下記をご覧ください。
まず、私が自己分析とどんな深いかかわりがあるのか?をお伝えします。
僕の人生、自己分析を取ったら何も残らないくらい自己分析とは切っても切れない縁
僕は、以下の経緯を経て自己分析に向き合い、自己分析とは何か?を言葉にすることができ、自分なりに極めることができました。

・転職活動開始後、自分を見失い転職活動失敗。病気も患う。

・その後、自己分析やキャリアに関する本を50冊ほど読破

・起業家10人に飛び込みでヒアリング。成功している人の共通点に自己理解が深くかかわっていることを理解

・広島の鞆の浦(崖の上のポニョのモデルの地)にて、1週間オフラインで自己分析合宿を実施

おかげで、前職でスキルも実績も何も残していない僕が、自己分析の精度を周囲の誰よりも高めたことでリクルートの内定を勝ち取るという異例の採用をいただくことができたのです。

ただ、入社直後は非常に苦労しました。

 

■入社直後の僕

・新人が行う営業ロープレ試験に3回も不合格になる。

・目標の連続未達成で呆れられる。

・同年代の仕事ができるメンバーから、「お前危機感持てよ」と居酒屋で切れられる。

元々仕事のスキルや実績がなかったので、圧倒的に仕事ができる社員が多いリクルートでは、大衆の前で良く笑いものになったものです。

 

しかし、入社して3年後には全てが変わりました。

 

■入社4年目から5年目(今6年目が始まったところです)

・2020年度、社内の通期表彰

・Q(4半期)表彰3回

・事業本部内の営業コンテストで優勝

・中国エリアにてマーケットリーダー(2021年から関東へ)

今では結果もコンスタントに残せるようになり、毎日非常に楽しく仕事をしています。
しかし、特に転職前については、毎日のように有楽町のガード下で酒を飲みながら政治や社会に対しての不満を垂れ流し、会社の愚痴を言い続ける、そんな堕落した生活をしておりました。
仕事では大した成果を出したこともなく、やってきたことはお客と銀座で飲んで、見積もりして、クレーム処理しての繰り返し。
大手企業には勤めていたものの、華やかさとは裏腹に腐った社会人生活でした。
そんな私が多くの起業家を輩出するリクルートに転職をし、更に転職後に社員全員が憧れる営業コンテストで優勝したり年間表彰を獲得することができるようになった理由は1つ。
「自己分析」を極めてきたからです。
自己分析については大抵の人がやったことがあるだろうし、知っていると思います。その中で、私が考える自己分析とは、やりたいことを探すのではなく、自分自身における2つのことを理解することだと考えています。
それぞれについて、もう少し詳しく説明していきます。
■僕が理想の転職を実現した理由は、まずは自分のことを徹底的に理解しきったから。
理想の転職を実現するには(理想の仕事を見つけていくためには)自己理解が深ければ深いほど実現性が増します。
僕がスキル・実績ゼロでリクルートに転職できた理由の一番は、自分自身の「価値観」と「強み」を徹底的に理解し、言葉にすることができたことです。
え、そんなことくらい分かっているよ、って思うかもしれません。
ただ、分かっていてもこんな問題があると思います。

・価値観と強みってそもそも何なのか?

 

・どうやって見つけ出せばいいの?

 

・どこまで深堀すればいいのか?

 

・これって本当に自分の価値観や強みなのか?
など、価値観や強みって言葉で言うのは簡単ですが、抽象的過ぎて正しく自己分析ができているかの疑いや不安を持ちながらの人がほとんどだと思います。
僕もそうでした。そもそも転職活動初期の時は、とりあえず自分で自己分析をしてみたものの、やり方が正しいのかさえも分からなかったり、本当にこれが自分の強みなんだっけ?など不安定な状態で続けてしまいました。
そして、確信を持てずのまま進めてしまい、全然うまく内定がもらえない中で自分を見失って体調を崩してしまうほどストレスを抱えてしまったのです。
だからこそ僕は、冒頭でもお話した通り、キャリアや自己分析や自己啓発の本を約50冊ほど読んで実践してみたり、成功している起業家に飛び込みで話を聞いて「なぜ成功しているのか」を話聞いてみたり、一人で自己分析合宿をするなどして、自分なりに何をどう明確にすることが自己分析なのかを考え抜いたのです。
その結果、「価値観」と「強み」を理解することが自己分析で一番大事であるということを僕なりに理解し、その「価値観」と「強み」を理解するための方法も考えて、自分に自信が持てる自己分析を作り上げてきたのです。
では、私が自己分析で大事にしている「価値観」と「強み」、それぞれについて詳しく紐解いていきます。
■価値観
価値観は、別の言葉で言うと「判断基準」のことです。
自分が何か選択をしたり行動をしたり、感情が湧いたりする時の判断基準のことを言うのですが、この判断基準が明確に言葉にできていれば、自分の理想の仕事にたどり着く可能性が高まります。
私自身、転職活動中に、「とにかく年収UP」が軸でしたが、なぜ年収UPだったのか?年収UPして何を得たかったのか?などの、年収UPという条件を選択した理由が心から明確に答えられない状況にあったのです。
この判断基準(価値観)を複数の角度から洗い出すことによって、自分のあらゆる場面での判断基準が見えてきて、どんな仕事をしていきたいのか?更に先を見て、どんな人生を歩んでいきたいのか?ということが明確になっていきます。
■強み
強みは、一言で言えば自分の「持ち味」を洗い出すことが重要です。詳しくは以下のブログにも書いてありますのでご参照ください。(ここでは持ち味のことを特徴と言っております)
人には現時点で強みなんてありません。あるのは自分自身の持ち味だけで、その自分の持ち味を適切な場面で適切に使いこなせることができれば、持ち味が強みに変換されて活かされる状況になるのです。
よく陥りがちなのは、自分の強みは何???と、とにかく主観的に考えて、洗い出したはいいけど「これって他の人に比べたら自分の方が弱いよね?自分の強みとして言っていいの?」っていう感じに陥り、自分には強みがないと自暴自棄になってしまう。
僕なんかも、自分の強みを洗い出してみたものの、周囲にいる同級生とかと比較して結局「何も強みなんかないじゃないか、強みは大手企業にいることや酒が飲めることだけじゃないか!」と自暴自棄になっていました。
この持ち味(強み)も、価値観と一緒で複数の角度から洗い出すことによって、あらゆる場面やケースでの自分の強みが見えてきます。
そうすると、どんな環境・会社・組織であれば自分の持ち味が強みとして発揮できるのか?ということが明確になります。
■自分の価値観と強みを理解していないことのリスク
転職活動の肝となる2ステップとして、判断基準(価値観)の理解・持ち味(強み)の理解をお話してきました。
この2つは、転職活動というその瞬間において非常に大切な要素です。
更に、価値観や強みは常に変化(進化)を遂げていくので、定期的に振り返り自分を理解していくことで、自分が本当にやりたいことが見えてきて人生が楽しくなります。
逆に、この価値観と強みを理解しないままだと自分の軸が定まっておらず、転職活動はもちろん、自分の人生においても常に色々な場面で迷いや不安・ブレが生じ、他人や周囲に依存しながら生き続けることになってしまうリスクが非常に高いです。
僕自身は転職活動を始めて自己分析の重要性を理解するまでは、毎日酒に溺れ、社会や会社の愚痴を言い続け、ずっと何かに依存して迷ってばかりの日々。
一年の大半の時間を過ごす「仕事」に全く価値を見出せない状態でいたのです。
だからこそ、僕と同じような想いで毎日モヤモヤと過ごしている方、転職活動をしているけどいまいちしっくりこなくてうまくいっていない方、自分には強みなんてないって劣等感を持っている人のために、少しでも力になれたらと思い、自分自身の成功・失敗事例を参考に自己分析コーチングを始めました。
■げんのコーチングについて
私のコーチング「自己分析ツアー」について説明させていただきます。
※コーチングの内容
自己分析ツアーでは、マンツーマンでの通話を通して、自分自身の判断基準(価値観)と持ち味(強み)に気付いてもらうようにサポートする目的のモノです。
間違えていただきたくないのが、あなたの価値観や持ち味を僕が教えることはできません。僕は気付かせるためのお手伝いをひたすらさせていただき、最終的にはご自身で気付くという大前提をご理解いただいた上で参加いただけたらと思います。
もちろん、その気付きを得てもらうために、僕はフルコミットします。
具体的な内容ですが、大きく分けて2点ございます。
①自己分析編
・最初に自己分析に関するセミナー(大体30~40分)
・自己分析シートのご記入をいただく
・オンライン通話でのセッション(基本的に1時間 次の面接まで最低1週間は空けていただき次の面談の準備)
・メールでのやりとり(基本48時間以内には返信します)※こちらは状況次第で変動があります。また、人によって状況は異なるのでその人に合う形でやっていきます。
これらを通して、自己理解を深めて自分の進むべき人生を見つけていきます。
更に、
②自己分析のその先編
自己分析に一区切りがついて、転職や新たなチャレンジ、もしくは今の職に残って頑張る決意なども含めて、価値観と強みを十分に生かせているかを一緒に振り返ります。
要するに、自己分析後が一区切りした後のご相談も賜ります。
自分の進むべき人生が見つかって、はい終わり!では寂しすぎるなーって僕は思います。
また、僕は自己分析で進みたい道を見つけて転職しましたが、正直転職してからの方が大変でした。
だからこそ、自己分析後にどう活躍していくかがむしろ大事だと思っているので、そこまでお手伝いさせていただくのが私のポリシーです。
自己分析して満足し、その後努力をせずまた逆戻りの人も何人も見てきました。
インドに自分探しをしに行って「価値観変わった」と僕に言ってきた友達が、今では毎日スマホで漫画読んでゴロゴロしてるだけのやつもいます笑
結局は、自己理解を深めた後も行動・努力・自己と向き合い続けるかどうかなので、その部分もサポートさせていただけたらと思っております。
■こんな人におすすめ
今まで転職活動者を中心に、自己分析を「価値観」と「強み」という軸で累計100人以上の相談にのらせていただきました。
自己分析が瞬間的に必須な転職活動者の相談が多いですが、転職に限らず、自分を見つめ直したいという方も僕の所に相談にいらっしゃいます。
それを踏まえて、

・やりたいことが見つからない、やりたいことをどうやって探したらよいか分からない

 

・転職活動中だけど、何が正解なのか分からなくなってきた。自分の強みが分からない

 

・自己分析をやってみたけど、何が正解か分からなくてさまよっている。

 

・これから自己分析をしていこうとしている

 

・転職活動中ではないけど、改めて自分の人生をどう生きていきたいのか?を考えたい。
こういった悩みを抱えている方に向けてサポートさせていただけたらと思っております。
以下は、既にセッションに参加いただいている方の声や、昔個別にご相談に乗らせていただいた方の感想です。

スポーツ関係の仕事をされているSさん

 

リクルートへの転職を希望していたIさん

 

新卒から早いタイミングで転職を考え始めたMさん

 

新しく次の道が開けて前向きに頑張っている声を聞けるだけで僕も本当にうれしいです!

 

 

■コーチングコースの料金について
10万円とさせていただいております。期間は半年間です。
なぜ半年間かと言うと、僕の経験上、1か月で自己分析が終わる人もいれば、長く時間がかかる人もいます。それはその人が良い・悪いとかではなく、人それぞれペースが違うってことです。
ただ、基本期間としては半年以内で自己分析に一区切りできるように進めていきますし、速く区切りがつく人もいるので、そこは自分のペースで焦らずにやっていってもらえたらと思っております。
万が一、半年以内でも終わらない場合はその都度ご相談にはなりますが、私自身も半年間、相談いただいた方にフルコミットします。
自分の人生をより豊かにしていく上で自己分析(価値観・強みの明確化)は僕の経験上からも大事なことであると確信をしているので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!
具体的には、まず無料説明会で1時間ほど通話で僕とお話をさせていただきます。そこでこの「自己分析ツアー」にご参加いただくかどうかを決めていいただき、本受講スタートとということになります。
無料説明会の内容としては
①僕が独自で作った自己分析セミナーの一部を公開します
②今、自己分析での悩み事を共有いただき、自己分析ツアーでどう解決できるかをお伝えします。
マンツーマンコーチは基本相性がとても大事になってくるので、私とならやっていけると思っていただいてから決めてもらう方が皆さんのためになると思いまして、1時間ほどですが、実際に話す時間を設けております。
自分を理解し、自分の理想の人生に向けて少しでもお手伝いできたらと思っています!!
以下のお問合せフォームにて、
・お名前
・メールアドレス
・題名(「自己分析ツアー無料通話」とお書きください)
・簡単な自己紹介
をお書きいただき、送信ボタンを押していただければ返信させていただきます!それでは皆様からのお問合せ心からお待ちしております!

    目次

    転職活動再開後わずか3か月でリクルートへの転職を実現。
    その秘密を動画でプレゼントしています


    記事を読んでいただき、ありがとうございます。

    期間限定で非売品のセミナー動画「誰も教えてくれなかった自分にピッタリの企業の選び方」を無料でプレゼントしています。

    以下のサイトでメールマガジンへ登録いただけたらすぐに視聴可能となっておりますので、ぜひご覧ください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる